メニュー 閉じる

Containers

Statement

私のコンテナシリーズの写真は、すべて走行中のコンテナを側面から撮ったものだ。
高速シャッターで捉えられたその姿は、静止しているコンテナを撮影したように見える。これらの写真は奇妙なほど厳密にルールに則っているのだ。まるでCGのように見えるのはその厳格さゆえである。
 私が撮影したのはコンテナという物体であると同時に、私たちの生活を支える物流という大動脈を流れる血球だといえる。写真家の役割の一つは、私たちがよく眼にしていながらまったく意識していないものにレンズを向け、写真にすることで考える材料にすることである。私は、写真作品を通じてその役割を担うという態度を表明したのである。
 また、Containersシリーズの写真の特徴は徹底して同サイズに揃えられたコンテナと、その背景の無表情さにある。これらはシャーロット・コットンのいう「現代写真のクールさ」であると同時に、このシステム化された現代の物流と、その物流のルートを提供している都市のあり方そのものでもある。最短距離を最短時間で、最低コストで運ぶこと。コンテナとは効率化を究めるためのシステムの一部であり、その存在は大動脈たる高速道路とセットになっている。つまり、私が提示している写真は、コンテナであると同時に、この現代の都市と物流のありようなのである。

All photographs of “CONTAINERS” show containers in motion photographed from the side.

They seem as if they were photographed while stationary, thanks to a high shutter speed. The fact that each container is positioned in the center of the photograph accentuates this effect. These photographs obey a certain set of rules, and they do so with peculiar strictness. This strictness almost makes them look like computer generated images. The containers that Inoue photographed may be physical objects, but they are also the blood cells running through the veins of a transportation network that supports our everyday lifestyle. It is one of the responsibilities of a photographer to direct his lens to things we see often but are seldom aware of, and to create images that let us reflect on this contradiction.

I think it can be said that Inoue’s “CONTAINERS” can be said to symbolizes the safe, convenient, yet insipid and graceless world of uniformity we live in. The characteristic of Inoue’s photographs lies in the expressionless of the same sized containers and their backgrounds. They exemplify not only the “Deadpan of contemporary photography” that Charlotte Cotton speaks of but also the essence of modern systemized logistics and the city supplying its transportation routes. Transporting goods on the shortest routes, in the shortest time, at the lowest cost. These containers are, in the end, part of a system created to maximize efficiency, and their existence is inseparable from the vital, intricate network of high-speed motorways. In other words, what we can see in Inoue’s photographs are not merely the containers themselves but also the current state of the modern city and the logistics required to sustain it.